うっかり日焼けを防ぐ為に・・・。忘れちゃいけないポイントはココ!

だんだんと紫外線が強くなってきて、本格的に日焼けしやすいシーズンがやってきましたよね。

紫外線対策といえば、どんなことをしてますか?

日焼け止めクリーム
日傘
帽子
UVスプレー
飲む日焼け止めサプリ

などなどいろんなアイテムがあるんじゃないでしょうか。

でも、きちんと紫外線対策しているつもりが、「あれ!ここ焼けちゃってる!」ってことありますよね。

そこでここでは、紫外線対策をする時に忘れがちなポイントについてまとめていきたいと思います。

 

忘れやすいポイントはココ

顔や手などはしっかり日焼け止めクリームを使ってケアって結構やってますよね。
でも、唇って案外忘れがちなポイント。
唇は皮膚が薄く皮脂も少ないので、紫外線の影響を受けると荒れやすくなると言われています。
唇って、肌みたいに日焼けして黒くなるってことはないのですが、赤黒くなっちゃったり、皮が剥けてしまうことがあります。

唇の日焼け防ぐためには、UV効果のあるリップクリームを使うようにしましょう。
また、食べたり飲んだりすると、リップクリームって取れてしまいがち。
こまめに塗り直して、唇の日焼けを防ぎましょう。

もし唇を日焼けしてしまったら、ラップパックがオススメです。
やり方は簡単。
蒸しタオルで温めた唇に、はちみつとワセリンを1:1で混ぜたものを塗り、その上からラップで覆います。
そのまま、5〜10分ほど時間を置いて洗い流します。

カサカサだった唇がこれでプルプルになりますよ♪

髪や頭皮も忘れがちなところ。
でも、髪って日焼けしてしまうとパサパサになりツヤがなくなって、一気に老けた印象になってしまいます。
顔よりも多くの紫外線を浴びてしまうと言われている髪だからこそ、しっかり紫外線対策をしましょう。

髪の紫外線対策としては、日傘や帽子が一番手軽です。
日傘がさせないレジャーシーンなどでは、UVスプレーを髪にもしっかりかけて紫外線から髪を守りましょう。

それでも髪が日焼けしてしまったら、いち早く髪のケアを始めることが大切。
日焼けした髪は、キューティクルが剥がれ髪の栄養分が失われている状態です。
トリートメントでヘアパックして髪をしっかり補修してあげましょう。
シャンプー後の髪にトリートメントをつけて、蒸しタオルで巻いて約10分。
しっかり栄養分を髪に浸透させてあげましょう。

また、濡れた髪はキューティクルが開いた状態ですので、ドライヤーで乾かしてしっかり閉じてあげましょう。

うっかり日焼けしちゃいがちなパーツ、しっかりケアしてビューティレベルをあげていきましょうね!

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *