梅雨がくる前に、くせ毛対策!

梅雨のくせ毛ほんっとに大変ですよね。

湿気で、髪はくるくるのうねうね。
朝せっかく時間をかけてブローしても、時間が経てばもとどおりの癖の状態。
嫌になっちゃいますよね。

どうして、梅雨になるとくせ毛ってひどくなっちゃうんでしょうか?

梅雨の時期のくせ毛

くせ毛って、実は年中髪が乾燥しているって知っていましたか?
直毛の人と比べて、くせ毛って髪が乾燥しやすくなっているんです。

梅雨の時期って湿度がすごく高いのですが、髪ってこの空気中の水分を吸い取ってしまいます。
直毛であれば、もともとからある程度の水分が髪に含まれているので、それ以上に吸収することはないのですが、カラカラに乾燥しているくせ毛は空気中の水分を過剰に吸収してしまうんです。

くせ毛の中でも、この梅雨の時期の湿気の影響を受けやすいのが「波状毛」という状態のくせ毛。
湿度が上がると髪の毛が膨らんでしまうという特徴があるんです。

だから、梅雨の時期って髪がまとまらず湿度に負けてくるくるになっちゃうんですね。

では、くせ毛は梅雨の湿気ってどう対応していけばいいのでしょうか?

ひどいくせ毛の場合は思い切って、縮毛矯正をかけるのがオススメです。
これまで悩んでいたのが嘘のように、くせ毛のストレスを軽減することができますよ。
ただし、縮毛矯正はどうしてもが傷みやすくなってしまいます。
縮毛矯正をかけた後には、トリートメントでヘアパックを行うようにして、しっかりと髪のダメージを補修してあげましょう。

でも、できれば髪が傷む縮毛矯正をせずに梅雨のくせ毛ケアをしたいって方もいらっしゃいますよね。

乾燥毛であるくせ毛は、湿度の影響を受けやすくなっています。
逆に言うと、髪の乾燥対策をすることで髪は湿気の影響を受けにくくなります。

梅雨や夏の時期って、汗が気になるからって、洗浄力の強すぎるシャンプーを使ったり、髪を1日に何度も洗ったりしていませんか?
これが、髪と頭皮の乾燥を招くNG習慣。
洗浄力の高すぎるシャンプーを使ったり髪を何度も洗うことで、髪が乾燥してしまうんです。

髪を洗う時には、頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーを選ぶようにしましょう。

また、濡れた髪はキューティクルが開いた状態。
シャンプー後はしっかりとドライヤーで乾かして、キューティクルを閉じてあげましょう。
ドライヤーの後に最後に冷風を当てると、ツヤが出ますよ。

どうでしょうか?
梅雨にくせ毛がひどくなるのって、仕方のないことと思っていましたが、理由を知って正しく対処すればくせ毛を軽減することができるんですね。
くせ毛女子のみなさん、是非試してみてくださいね。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *