今年の紫外線対策に。飲む美白 vs 塗る美白どっち?

暖かくなり、外に外出するのが楽しみになる春。
でも、一年の中でも紫外線が強くなり始める時期でもあって、気がつかないうちに日焼けしちゃった〜ってこともありますよね。

そんな春のうっかり日焼けのケアには、塗る美白と飲む美白どっちがいいのでしょうか?

飲む美白サプリ

身体の内側から美白ケアをするのが、すっかり定番となりつつある美白サプリです。

・できてしまったシミやソバカスを薄くする
・メラニンの生成を抑えてシミを予防する

美白サプリには、以上のような働きがあります。

美白に有効と言われている「ビタミンC」「Lーシステイン」「プラセンタ」「エラグ酸」などの美白成分が配合されたサプリを選びましょう。
また、サプリメント全般にですが、サプリメントは長期的に飲み続けることが何より大事になります。
続けやすい価格設定であることも美白サプリを選ぶ鍵になります。

オススメの美白サプリは、資生堂ビューティーフーズ ピュアホワイト 。
セレブたちが美貌を維持するためにとっていることから世界中で注目されているスーパーフルーツの枸杞(クコ)の実。
ピュアホワイトは、枸杞(クコ)の実の秘めたるチカラに着目し、さらに枸杞の実と相性のよい東洋の美容成分(アブラ椰子、ライチ種子、ハトムギ、菊花)が複合的にキレイを引き出してくれるサプリメントです。

塗る美白美容液

美白といえば美白美容液っていうほど、日焼けした肌には有効なのが美容液ですよね。

美容液といえば、スキンケアの中でも高額のものが多いアイテム。
高額なら、しっかり効果が出るものを使いたいですよね。

「美白」と明記できるアイテムは国が認めた美白成分を配合した医薬部外品だけなので、パッケージに「美白」という記載があったり、「医薬部外品」と描かれている商品は効果が高いものが多いようです。

美容液に配合されている美白成分は、「アルブチン」「トラネキサム酸」「ビタミンC誘導体」などがあり、中でもビタミンC誘導体が配合されているとメラニン還元作用も予防効果もあるのでオススメです。

今、一番オススメの美白美容液が富士フイルムの美白ライン・アスタリフトホワイトの薬用美白美容液「エッセンス インフィルト」。
ビタミンC誘導体とアルブチンが配合されており、シミ・ソバカスにしっかりとアプローチしてくれるだけでなく、その他にも美容成分がたっぷり配合されているので、肌に潤いと透明感を与えてくれるんです。

美白ラインのものって高価な物も多いですが、使い続けることでできてしまったシミにもシミの予防もできるので、紫外線の強くなる季節にぴったりのケアですよね。

飲む美白 と塗る美白で、体の内側と外側の両方からアプローチし、白肌を叶えましょうね!

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *