夜まで崩れない!メイクのコツはこれ

朝しっかりメイクして出かけていても、ふと鏡をみたらファンデーションはよれてテカテカ、目元は真っ黒でびっくりしてしまうことってありませんか?

このメイクの崩れ、ちょっとしたメイクの仕方のコツで解消することができるんですよ。
そこで、ここでは崩れないメイクのコツをご紹介します。

夜まで崩れない、メイクのコツ

朝のスキンケアはしっかりと
昔は乾燥といえば冬特有のことのような気がしていましたが、エアコンが発達し、外気と室内の気温の差が大きい現代は、一年中乾燥しやすくなっています。
そして、この乾燥がメイクの崩れの大敵。
お肌が乾燥すると、お肌を乾燥から守ろうと皮脂が分泌されやすくなってしまいます。
そして、この皮脂がメイク崩れの一番の原因。
だから、朝のスキンケアは重要なポイントになるんです。

また、朝ってメイクをするので、ベタベタするのを嫌って乳液やクリームなど省いたりしていませんか?
これが、メイク崩れを呼ぶ悪い習慣です。
化粧水で保湿した後には、乳液などの油分でフタをして水分が蒸発してしまわないようにすることが乾燥対策には必要です。
これを省くことで、肌は乾燥から守ろうとどんどん皮脂を分泌させてしまうんです。
朝のスキンケアは、化粧水でたっぷりと水分を補給し、乳液やクリームでしっかりとお肌を保護してあげましょう。
ベタつきが気になる場合には、メイクの前に軽くティッシュオフして。

朝のスキンケアをしっかりと行うことで、皮脂のコントロールができるようになりますよ。

下地はマスト

時間がない朝、下地を省いてしまっていませんか?
下地には、肌表面の毛穴やキメと整え、ファンデーションを密着しやすくするという他にも、余分な皮脂をコントロールするという目的があります。
下地で、肌を均一に整えておくことで、ファンデーションが乗りやすくなり美肌に近づきます。
また、下地には皮脂を吸収するパウダーが配合してあるものなどがあり、ファンデーションが崩れにくくなりますので特に脂性肌の方にはオススメです。

ファンデーションは薄く

崩れにくいメイク、一番のポイントはファンデーションの薄塗りです。
厚く塗ったファンデーションは、塗れば塗るほどに崩れやすくなってしまいます。
ごく薄く丁寧に叩き込んでいき、薄いメイクを心がけましょう。

にじみやすい目元

涙や皮脂によって、落ちやすいアイラインやマスカラなどのアイメイク。
気がつけば下まぶたに滲んでしまって「パンダ?」ってことになっていませんか?

このにじみやすい目元。
原因は涙や汗、そして皮脂が原因です。
特に皮脂やマスカラやアイラインの成分が溶けやすいので、化粧崩れの原因になりやすくなります。
この場合にも、重要なのは皮脂のコントロールになります。
化粧下地をしっかり使うなど対策をとりましょう。
また、アイメイクの後に目の下にパウダーをはたいて、サラサラの状態にすることをお勧めします。

どうでしょうか。
幾つかのポイントを抑えることで、夜まで崩れないキラキラメイクでいられると思いますよ。
ぜひ、試してみてくださいね。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *