美しさの鍵は腸にあり!美腸はキレイを作る

腸は単なる消化器官なだけでなく、美容や健康の為に大事な器官だって知っていましたか?

そう、腸は第2の脳とも言われており、脳から独立して働くことができる唯一の臓器なんです。

腸にはさまざまな情報を受け取る神経細胞が張り巡らされていて、美容や健康に大きな影響を与えています。

つまり、美しさの鍵は腸。

腸内環境を整えて、キレイを作りましょう!

どうしたら美腸になれるの?

私達の腸には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類が住んでいて、それぞれバランスを取りながら腸内環境を保っています。

このベストバランスは善玉菌2・悪玉菌1・日和見菌7だと言われています。

これらがバランスを崩し悪玉菌が増えると腸内環境が悪くなり、健康面でも美容面でも悪い影響ぐ出るようになります。 

逆に善玉菌が増え腸内環境が良くなると、肌の調子も整い、キレイに近づくことができるんです。

では、どうすれば腸内環境が良くなるんでしょうか?

人の身体やお肌も老化によって、衰えていきますが、腸も同じように年齢を重ねると老化します。

女性は特に便秘に悩む方が多いですが、これは腸内に悪玉菌が増えている証拠。

腸内に善玉菌を増やし、腸内環境をアップさせましょう。

腸内環境を良くする為に欠かせないのが食事。

腸内環境をあげるべく、食物繊維の豊富な野菜や発酵食品を積極的に摂取しましょう。

発酵食品にはヨーグルト、納豆、味噌、キムチなどがありますが、毎日積極的に摂るようにしましょう。

また、腸内環境がいいと美肌作りに大切なビタミンが肌にいきわたりますので、フルーツや野菜からビタミンCを摂取しましょう。

そして、食事だけでなく運動も大事です。

運動は血流を促すので、酸素が全身にめぐり体に刺激が入ります。

気持ちよいと思える適度な運動は自律神経にも良い影響を与え、腸の活性化にもつながりますので、継続してストレッチやジョギングなどの軽い運動から始めたいですね。

食事を見直し運動をすることで、健康面でも良い影響がありますし、腸内環境も良くなるので、キレイの為に美腸目指しましょうね!

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *