ベタベタ汗とサラサラ汗の秘密

汗をかいた時に、ベタベタして気持ち悪い時がありませんか?
夏はどうしても汗をかきやすい時期ですが、ベタベタした汗をかいてしまうと、シャワーで洗い流さないと気持ち悪いし、いやーな気分になっちゃいますよね。
逆に、汗をかいてもさらっとしていて気持ち悪さを感じない時もあります。
では、このベタベタ汗とサラサラ汗はどんな違いがあるんでしょうか?

ベタベタ汗とサラサラ汗の秘密

ベタベタ汗とは

ベタベタとした汗にはミネラルが溶け込んでいます。
蒸発しにくく、舐めるとしょっぱかったり、匂いが気になりやすいのが特徴です。
さらに、血中のミネラル分が出ているので、この汗をかいている時は熱中症のリスクが高くなります。
このベタベタ汗が出る原因は汗腺の機能の衰え。
一日中エアコンの効いた部屋にいたり、運動不足の場合には汗をかく機会が少ないので、汗腺の機能が衰えてしまうんです。

サラサラ汗

サラサラ汗とは、小粒で蒸発しやすい良い汗。
塩分やミネラル分をあまり含まず、匂いのない綺麗な汗です。
蒸発しやすいので体温調節もしやすくなっています。
このサラサラ汗は、シャワーを浴びなくても乾いてしまえばベタつきが残らないので不快ではありません。

汗腺の働きを正常化して、サラサラ汗をかくようにすることが大事になります。

 

サラサラ汗をかく方法

ではどうすればサラサラ汗になることができるんでしょうか?
ポイントは汗腺の機能を高めるということです。

汗腺機能を高める為には、入浴方法を変えることをお勧めします。

まず、汗腺が多い手足の先を熱めのお湯で温めます。
この時のお湯の温度は42〜43度ほどの熱めのお湯です。
足は浅めに張った浴槽につけて、手は洗面器などにつけると体勢に無理がなくオススメです。
フットバスなどを利用してもいいですね。
この熱めのお湯に10分ほどつけてからだの芯まで血液を温めてあげましょう。

その後、ぬるめのお湯で半身浴をします。
浴槽に37〜38度くらいのぬるめのお湯を張って、10分ほど半身浴をします。
からだの芯からじんわり温まって、全身からサラサラしたいい汗をかくことができますよ。

いい汗をかくと、夏バテや冷えなどの体調不良も防ぐことができるので、ベタベタした汗が気になる方はぜひ試してみてくださいね。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *