生理前の異常な食欲を罪悪感なく満腹に!

生理前、食べても食べてもお腹が空いたり、甘いものばっかり食べたくなって困りませんか?

せっかくダイエットして通常は食事量をコントロールしても、どうしてもこの期間だけはドカ食いしちゃうってことも多いですよね。

どうして生理前って食欲が異常になってしまうのでしょうか?

その理由と、食欲のコントロールの仕方をご紹介します。

生理前ってどうして食欲が異常になるの?

女性の体は生理周期によってホルモンバランスが変化しています。
このホルモンバランスの変化が、食欲や異常な眠さ、イライラなどを引き起こしてしまいます。

この異常な食欲を引き起こす原因が黄体ホルモン(プロゲステロン)。
女性の体は、排卵以降黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増え、女性の体は妊娠に備えて脂肪や糖分、水分を蓄えようと働きます。
これが、食べても食べてもお腹がすくっていう感覚の原因。
普段は食べようと思わないような、カロリーの高いものや甘いものが食べたくなるんです。
こうして、食欲のコントロールができなくなってしまうので、生理前はどうしても太りやすくなってしまうんですね。

また、黄体ホルモンの分泌が増えるに連れて、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少します。
そうすると、精神的に不安定になりイライラしがちになります。
そのストレスが異常な食欲にプラスされることで、ついつい食べ過ぎてしまうんです。

そして、妊娠に備えて栄養を蓄えていた体は、生理が来ると黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が減り、食欲も通常に戻っていきます。

 

生理前の異常な食欲どうやってコントロールすればいい?

生理前の異常な食欲のコントロールは、まずはドカ食いをしないってことを気をつけましょう。

太るから我慢して食べないっていうのは、その後に血糖値の急上昇を招き、さらに太りやすくなってしまう原因に・・・。

つまり、我慢して食べないのではなく、食事の量や内容をコントロールしながら食べて、血糖値の急上昇を防ぐような食べ方をすることで、生理前の体重増加を防ぐことができます。

血糖値の急上昇を招くもの、それは白砂糖が入っている甘い食べ物。
これは、空腹時に食べることでさらなる食欲を招いてしまいます。

甘いものが食べたい時には空腹時を避けるか、砂糖を使っていないものを食べるようにしましょう。

どうしてもお腹が空いてたまらない時には、サツマイモなどの食物繊維たっぷりのものや、野菜をたっぷり入れたスープなどお腹にたまって、かつ栄養補給ができるようなものがオススメ。

ビタミン・ミネラルたっぷりの野菜スープに豆乳を入れた豆乳スープなどは特にオススメです。

生理前の体を知って、食欲をコントロールしていきましょうね!

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *